2009年06月01日

不幸の(?)電話

今日、私の同僚宛に外国人から電話が。当方へ転送されてきて何ヶ月ぶりかでの英語対応となりました。先方さんは韓国からのはずですが、ずいぶんきれいな米国英語を話すお方でした。きっと留学組だったのでしょう。当方、自然に声が小さくなっていたみたいで、聞き耳たてていた上司は残念がっていました。
posted by 管理人 at 23:49| Comment(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。