2006年01月18日

故障

姉夫婦に自作したPCが不調で、電源は入るもののうんともすんとも言わなくなったということで送り返してもらいました。見たところ、確かにこちらでも同じ症状です。ホコリっぽいのが気になるということでしたが、確かにものすごいホコリで尋常ではありません。電源の中にもびっしりホコリが詰まっており、ケースの中をエアダスターで一吹きすると、ホコリが舞い上がる状況です。こりゃいか〜ん。何故?

まず手持ちのPCにハードディスクをつなげると、無事認識。ということはデータも無事。取り急ぎバックアップをとります。データさえ無事ならあとはどうにでもなります。

電源を入れ替えましたが症状変わらず。CPUのファンはふつうに回っています。ということはCPUはきっと無事で、原因はマザーボードでしょう。ホコリでどこかのパーツがショートでもしたかな?

さて、とはいえ AthlonXP 2500+ 用のSocket Aのマザーボードはこの技術革新激しき世の中絶滅寸前です。遠く離れた他人様のPC用に中古部品使うのもためらわれるし、明日秋葉原に寄って物色することにしましょう。ホコリ対策も考えねば。
posted by 管理人 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/Internet | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。