2006年01月19日

発熱しました。

長男坊が珍しく6時過ぎに起きてきて私を起こします。何事かと目を開けると「お腹が痛い〜」と訴えます。体も熱っぽくあれれと思って計ってみると、38.0度。また風邪につかまったようです。かかりつけの病院は休診日。やむなく妻の実家近くで以前お世話になっていたところへ出かけると、「お腹が痛いのは典型的な今年の風邪の特徴。ただしインフルエンザの疑いもあるので、葛根湯だけでとりあえず様子を見ましょう。熱が上がってつらいようなら座薬も入れて良いです」との見立て。幼稚園でも流行っているそうです。

その後夕方にかけて熱は39度まで上がったものの、その後は小康状態。お風呂にどうしても入りたいというのでちょこっとだけ入れてあげました。
posted by 管理人 at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。